企業、製品ブランディングへ力を入れている企業

本物の企業ブランディング

株式会社マーケティングイノベーションはグループ企業のブランディングを通し、日々、「ブランディングを通した企業の社会的アピール」を理論的、かつ実践的に考えています。企業ブランディングとはたんに、その企業の良いところをアピールすれば事足りる、というわけではありません。実際の企業ブランディングでは多面的な手法を用い、企業の現状について数値的に分析しつつ、長期的にマーケットにおいて通用する企業ブランディングを提案しています。適切な手法による企業ブランディングを実践している企業は必ず、長期的なスパンで消費者から信頼され、支持されています。株式会社マーケティングイノベーションは企業ブランディングを通して、消費者のニーズと時代にマッチした企業とサービス、商品の在り方を提案しています。

企業ブランディングと合わせておさえたい製品ブランディング

企業ブランディングと対をなす概念として、製品ブランディングがあります。企業ブランディングと製品ブランディング。このふたつがバランス良く取り入れられてはじめて、企業のイメージ戦略は形をなし、意味をもつのです。製品ブランディングとはつまり、「ひとつひとつの商品(またはサービス)をどのようなかたちでアピールし、売り出していくか」ということであり、ほとんどの企業は社内に専門のセクションを設けて製品ブランディングを徹底しています。企業ブランディングと製品ブランディングの決定的な違いは、その対象です。おもにステークホルダー(株主、広告主など)に向けた企業アピールの方向性を考えていく企業ブランディングに対し、製品ブランディングは消費者に向けたものであり、その点だけでも両者は異なっています。企業ブランディングと製品ブランディングは車の両輪のような要素であり、どちらか一方が欠けても企業のイメージ戦略は成立しません。

企業ブランディングで必須となる4つの企業価値

企業ブランディングを効果的に組み立てるためには、まず、現状分析として、「企業が今どのような社会的価値をもっているか」ということを把握する必要があります。社会における企業価値は、たんに「消費者に商品やサービスを提供する」というだけではありません。企業にもとめられる価値としては、「実利価値」、「情緒価値」、「感性価値」、「共鳴価値」の4つがあります。このうち、最もわかりやすいのが実利価値で、これは商品やサービスがもつ本来の価値、とも言い換えることができます。情緒価値、感性価値、共鳴価値のほうはこれからの時代にもとめられる企業価値で、CSRや環境保護活動など、直接的な営利に結びつかない企業活動もこれに含まれます。株式会社マーケティングイノベーションはこれら4つの企業価値を企業イメージに即したかたちで組み合わせ、より自然で時代にマッチした企業ブランディングを実現しています。